サイバーエリアリサーチ

サイバーエリアリサーチ株式会社

  • サイトマップ
  • お問合せ

広報誌 CAR Navigation


広報誌 CAR Navigation vol.25

広報誌 CAR Navigation vol.25 PDFダウンロード(5.4MB)


株式会社ヒューマンサポート様が運営されている「kusuribito.com」サイトでは、2008年の12月からトップページをユーザの地域によって切り替え、ユーザの地域に応じた情報をお届けしています。サイトのパーソナライズの一環としてコンバージョンの向上とユーザビリティの向上を目指しておられます。
更に2009年11月より、新たに「kusuribito.net」でも同様にエリア属性に応じたコンテンツの切り替えを実装されています。

◇会社プロフィール

東京六本木に本社を置く株式会社ヒューマンサポート様は、医療系専門のWEB企画・制作を手掛けており、特に人材関連事業を中核として「kusuribito.com」をはじめとする人材求人ポータルサイトを運営されています。
創業当時には薬剤師や医師向けの情報サイトがほとんどなく、特に求人情報の掲載をどこにお願いすればよいのか分からない状況、ましてや地方の場合は、その状況がさらに深刻であったことに疑問を感じられていたそうです。
そこで、医療系に特化した人材求人ポータルの立ち上げを考え、特に地方の病院・医療系企業とそこに就職したい人たちの出会いの場を提供することを目的として創業され、現在では「ITとヒューマンタッチの融合」を合言葉に、業界のリーディングカンパニーを目指しています。
◇株式会社ヒューマンサポート

http://www.human-support.biz/

◇くすりびとドットコム

薬剤師の求人・転職・募集はヒューマンサポート

http://www.kusuribito.com/

◇くすりびとドットネット

薬剤師の求人・転職支援サイト くすりびと

http://www.kusuribito.net

ご利用用途について


「どこどこJP」(エリアターゲティング)を知ったきっかけは?

同業他社のサイトが地域別に振り分けるシステムを採用していて、 どのような方法で実現できるのか分かりませんでした。
そんな時、あるSEO会社の方からぴったりのASPのサービスがあることを教えてもらい、 インターネットで調べてサイバーエリアリサーチの「どこどこJP」にたどり着きました。

導入までの課題と導入に踏み切った要因/目的

弊社が人材紹介で取り扱っている薬剤師の方は、他の職種と比べると 自宅近くで職場を探すことが多いため、「ユーザのエリア属性」は「ユーザが求めている情報」と切り離せない関係にあると考えました。
また、サイトにアクセスしたときに異なる地域の求人情報を掲載していること自体が、直接的なサイト離脱につながる要因にもなりうると考えました。
さらにサイトの目的として、エリアごとのコンテンツを充実させ、地方のユーザに対して近くのコンテンツを“最適化したい”という目的が当初よりあったので、迷わず導入を決めました。
もちろん効果を期待しての導入でしたが、実際どれくらい効果があるのか全く予測もつかなかったので、まずはテスト的にkusuribito.comのサイトに導入しました。

実際のご利用状況についてお教え下さい。

kusuribito.comでは各エリアページをトップとして、テキストですがダイレクトにアクセスユーザのエリア属性にマッチした求人情報を掲出しており、エリアの新着・更新情報もエリア別に出しわけています。
また、各エリアの現在の公開求人件数の掲出も行っています。
これまでkusuribito.comでは、全てのユーザに全国共通のトップページを表示していたため、ユーザ自ら目的のページまで絞り込んでいく必要がありました。
どこどこJPを導入することにより、

  • 「エリアの選択」という手間が省けること
  • より短い遷移でユーザが目的のページに到達すること
  • ダイレクトに必要な情報を伝えること

ができるようになりました。


導入の効果/感想は?


実際の導入効果はどれくらいあったのでしょうか?

いかに優秀な(広告主の希望にかなった)人材を獲得するか、つまり、会員登録してもらうことがサイトの最大の目的です。
単純な比較になりますが、導入前後で比較すると、コンバージョン(登録者数)が3倍となりました。 まさに、期待以上のものでした。エリアターゲティングの効果に驚いたのと同時に、導入を決めたことに間違いがなかったと改めて実感しています。
kusuribito.comでの検証結果からエリアターゲティングの効果を実感し、2009年11月のサイトリニューアルのタイミングで、新たにkusuribito.netでも「どこどこJP」を利用したエリアターゲティングを実装しました。
現時点での効果(結果)としては、リニューアル前と比較してPV数の増加率が1.2倍、CVRは昨年の同月比2倍の実績です。

導入の際に工夫された点などは?

検索エンジンのロボットが海外のIPを持っている時、検索結果の表示などには若干工夫をしました。ただ、「どこどこJP」のサービス自体が単純で非常に分かりやすいため、実装にあたっては特に問題なくスムーズに行うことができました。


今後の方向性は?


今後Webサイトにおける施策や志向など具体的に何かお考えでしょうか?

今後は、トップページをエリア別に表示するだけでなく、見せ方、特に地図表示の切り替えや検索結果の表示切り替えなどにも「どこどこJP」を利用したいと考えています。
また、現在はテキストコンテンツの表示にとどまっているものを、画像や動画ファイルなどにも利用範囲を拡大したいと考えています。

「どこどこJP」への今後の期待と、望むことは何かございますか?

「どこどこJP」そのものへの期待というよりは、エリアターゲティングをさらに活用したいと考えているので、もっと意見交換などができれば嬉しいですね。また、新たな活用方法や事例等があればより早く提供してほしいと思います。
(事例の提供は勿論のこと、意見交換や新たなご提案をお約束してインタビューを終了しました)



ページの先頭へ戻る